蔵王樹氷 - 蔵王 ZAO ざおう ザオウ - 蔵王の樹氷を見にいこう!撮りにいこう!-

HOME 樹氷は生まれる 蔵王施設 BLOG 相互リンク
樹氷とは
蔵王の樹氷は、亜高山地帯に生息する針葉樹のアオモリトドマツが雪と氷に覆われてできたものです。東北地方の奥羽山脈の一部の山域(八甲田山、八幡平、熊野岳、吾妻山)の亜高山地帯にしかできません。海外でもはっきりとした報告はありませんが、樹氷ができるためには、次のようないくつもの条件が必要だからです。
樹氷の写真
樹氷のできる条件
  1. 植生として、アオモリトドマツなどの着氷と着雪のおこりやすい常緑の針葉樹があること。(ブナなどの落葉樹は氷や雪がつきにくい)
  2. 着氷と着雪のもとになる、過冷却水滴と雪片が多くあり、つねに一定方向の強風と低温で運ばれてくること。(風向が一定しないと、エビのしっぽが成長しない。気温が高いと雪がとけ、また低すぎても雪がつきにくい。)
  3. 積雪が多すぎず、少なすぎないこと。(雪が多すぎると、アオモリトドマツは埋没して生育できない。また雪が少なければ、当然樹氷はできない。なお蔵王の樹氷原の積雪は平年で2〜3m程度である。)
蔵王温泉とは
西暦百十年、日本武尊の東征に従った吉備多賀由により発見されたという伝説が残る蔵王温泉。矢の毒を癒すために入浴したところ、たちどころに傷は全快したという。その発見者の名から多賀由温泉と呼ばれ、高湯温泉と改め、さらに蔵王温泉と名を変え現在に至っている。豊富な湯量は県内随一といわれ、強酸性で皮膚病や神経痛などさまざまな病気に効く。
●泉質
酸性・含鉄・硫黄―アルミニウム―硫酸塩・塩化物温泉(含硫化水素強酸性明ばん緑ばん泉)
(低張性酸性高温泉)
●浴用の適応性
きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、月経傷害、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
大露天風呂
大露天風呂
豊富な湯量で気軽に入浴できる。川のせせらぎと緑に包まれた蔵王温泉大露天風呂。
●営業期間 /4月下旬〜11月上旬(冬季閉鎖)
●営業時間/ AM9:00〜夕方日没まで(営業時間は変更あり)
●入浴料金 / 大人450円 小人250円 ●駐 車 場 / 完備
●問合せ先 / 蔵王温泉観光協会 TEL.023-694-9417
川原湯
地元の人たちも利用する
川原湯共同浴場。
上 湯
たたずまいも風情あふれる
上湯共同浴場。
下 湯
温泉街の中に設けられた
下湯共同浴場。
川原湯 上湯 下湯
●営業期間/通年
●営業時間/24時間可 (7月下旬〜8月下旬と冬期間はAM6:00〜PM22:00)
●入浴料金/大人200円 小人100円 ●駐車場/無し
●問合せ先/蔵王温泉観光協会TEL.023-694-9328
稲花餅
稲花餅
一口サイズの可愛い稲花餅は、もち米とうるち米を練った餅の中に餡を入れ、天然の熊笹の葉に乗せた蔵王温泉の名物。その昔、蔵王権現へ豊年万作を願い捧げた笹に包んだ重ね餅や稲の穂に由来するのだとか。
湯の花
湯の花
蔵王の温泉をお土産に持って帰りたいならコレ。家庭でも気軽に温泉気分を楽しめる湯の花は美肌、あせも、水虫にももってこい。店先に並ぶ商品はひとつ、ひとつ手作業でつくられている。
玉こんにゃく
玉こんにゃく
独特の歯ごたえが楽しめる山形の玉こんにゃく。串刺しにして、ぐつぐつと時間をかけて醤油味をしみ込ませた素朴な美味しさは、大人から子供までに愛されるロングヒットテイスト。
日本そば
日本そば
昔は「腹押さえ」といった中間食として愛された蕎麦。手打ちならではのコシのある歯ごたえとソバの風味は本場ならでは。温泉街には毎朝打ち立ての手打ち蕎麦でお客さんをもてなすこだわりのお蕎麦屋さんもある。
ジンギスカン
ジンギスカン
高原の味わいとして愛されてきたジンギスカンは県内産サフォーク種のラム肉を使用。冷凍でない生の肉を使用する等、各お店毎の工夫が凝らされる。秘伝のタレもこれまたグッドだ。
蔵王散策とは
4月
山桜
5月
イワカガミ
6月
ハクサンチドリ
7月
コマクサ
8月
イワショウブ
9月
ミヤマリンドウ
10月
ザオウアザミ
山桜 イワカガミ ハクサンチドリ コマクサ イワショウブ ミヤマリンドウ ザオウアザミ
中央高原散策
モデルコース
観松平散策
モデルコース
火山景観展望
モデルコース
トレッキング
初級コース
トレッキング
中級コース
中央高原散策モデルコース 観松平散策モデルコース 火山景観展望モデルコース トレッキング初級コース トレッキング中級コース
6km 約2時間
2km 約1時間
4km 約2時間
約4km 約6時間
約7km 約6時間30分
※)上記コース画像をクリックして下さい。参考になるコース・時間・周辺写真が見る事できます。
 
Copyright (C) 2006 by 蔵王樹氷 all right reserved.